トップページ日本蕎麦保存会蕎麦打ちクラブの仲間になりませんか。日本蕎麦保存会・東京部会

蕎麦打ちクラブの仲間になりませんか。日本蕎麦保存会・東京部会

日本蕎麦保存会では、ただいま、東京部会の会員を募集しています。東京近郊で、一本棒・丸延しのそば打ちを習得したい方は、ご連絡ください。蕎麦で誰かを笑顔にしたい方、大歓迎です。

kaiinboshu.jpg

日本蕎麦保存会は、伝統的なそば打ちの技術である「一本棒・丸延し」の技を、より多くの方に習得していただきたいと願い、各地で活動を続けています。
これまで、長野県の戸隠や飯田市、また福井県などで、認定会を開催してきました。

東京では、南青山にある福井県のアンテナショッブ「ふくい南青山291」を会場に、毎月「蕎麦のソムリエ講座」を開催し、そこで一本棒・丸延しの打ち方を、お伝えしてきました。
東京で練習した方々が、戸隠や福井の認定会にご参加くださって、地元でもこの技術に対する再評価の動きが始まっています。

日本蕎麦保存会は現在、日本各地で、一本棒・丸延しによる蕎麦打ちクラブを増やしつつあります。
東京近郊の方にも、このすばらしい技術を広く知っていただくために、東京にも一本棒・丸延しによるそば打ちクラブを作りたいと考えています。

ご賛同いただき、クラブへの参加をご希望の方は、以下のアイコンをクリックして、申し込みメールにご記入のうえ、送信してください。
事務局から、詳しい内容を、お知らせいたします。


mousi33.jpg

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...