HOMEMagazine2011年蕎麦Web博覧会パビリオン > 東京・銀座の「ACギャラリー」で、蕎麦猪口などが購入できます

utuwa2.jpg

utuwa.jpg

東京・銀座の「AC,GALLERY」では作家ものの「蕎麦猪口」など、魅力的な作品を購入できます。

ACギャラリーは東京・銀座5丁目にあるギャラリーです。
 アートとクラフトを中心に、様々な企画展が開催されますが、今年の夏は何人ものアーティストが、ユニークなアイデア、デザインで制作する蕎麦の器展を開催しました。蕎麦猪口を中心とした展覧会で、薬味小皿、角皿、蕎麦つゆ入れ、笊、等も出品され、人気を博しました。その中のいくつかの作品を購入することができます。
 「自分のお店で使うセンスの良い器が欲しい」と思っている蕎麦屋さんも、ぜひ訪ねてみてください。
 出品している作家は、ACギャラリーと契約している一流のアーティストたち。センスの良さは折り紙付きなので、見るだけでも楽しめます。

〒104-0061
東京都中央区銀座5-5-9阿部ビル4F
電話・FAX 03-3573-3676
http://www.ac-gallery.com

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...