2012年蕎麦Web博覧会

第2回『蕎麦Web博覧会』にようこそ!  2012年9月1日~12年12月31日
蕎麦食べ歩きブロガーから特別に記事をご提供いただきました。

DSC1313ggt.jpg焼畑講座を行った妙高に、今年は姿を見せないふたりの受講生がいた。
一度は見失った希望。再び蕎麦に託した夢が、この夏、花開く。

DSC0933.jpg今年も新潟県の妙高山麓で行った、蕎麦のソムリエ講座、『焼畑で「こそば」を育てる』には、たくさんの方が参加してくださいました。

DSC3760t.jpg蕎麦をお好きな方なら、まずほとんどの方が、「藪蕎麦」の名前は、ご存知でしょう。でも、「藪蕎麦って何?」と聞かれて答えられる人は、意外に少ないかもしれません。

IMG_5288.jpg昨年12月から始めた手挽きに在来種の蕎麦の実。香りのよいお蕎麦を食べることができました。

P1110011.JPG十割と間違えるほど香りが高い。JR京浜東北線「東十条駅」近くに店を構える「一東庵(いっとうあん)」。

201208281952096ae2.jpg透ける薄墨の中に、ぽつぽつ浮かぶ様々な色合いの蕎麦の粒。
見つめている間に漂う、芳しき蕎麦の香り。
思わずゾクゾクするような「きぬたや」の蕎麦。

文・写真:つれづれ蕎麦

sobayacho.jpg東栄町の「茶禅一」。
美しい朝霧が立つ里としても知られる山上の蕎麦屋はまさに「雲上の蕎麦屋」です。

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...