HOMEニュース > 柴田書店の専門誌「そばうどん」に、片山虎之介が執筆した「在来種のそば特集」を掲載。好評発売中です。

柴田書店の専門誌「そばうどん」に、片山虎之介が執筆した「在来種のそば特集」を掲載。好評発売中です。

蕎麦の世界をリードする柴田書店の専門誌「そばうどん」に、片山虎之介が執筆した「在来種特集」を掲載。好評発売中です。

日本の蕎麦の世界を牽引してきた「そばうどん」(柴田書店)に、片山虎之介が「在来種のそば」特集を執筆しました。
日本各地の在来種から、今、注目の産地、生産者を選び、取材しました。
在来種とは、何か。どこの在来種がおいしいのか。
蕎麦の在来種について、詳細に解説しています。

片山が雑誌「自遊人」に、在来種の大特集「絶滅寸前 在来種の蕎麦」を執筆したのが2010年9月。
そこから在来種の評価、認識は大きく変わりました。
年々、変化していく蕎麦生産の現場で、今、また大きな変化が起こっています。
おいしい蕎麦を入手したいとお考えの蕎麦屋さんも、アマチュアも必見の一冊です。

sobaweb8632p.jpg

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...