HOME日本蕎麦保存会 > 『そば処 楓の森』(カエデのもり)で日本蕎麦保存会が蕎麦の提供を始めました

『そば処 楓の森』(カエデのもり)で日本蕎麦保存会が蕎麦の提供を始めました

楓の森の蕎麦8727b.jpg
前々からお知らせしている日本蕎麦保存会の、2017年の新蕎麦が、ついに収穫できました。
香りも味も、はっとするぐらい強くて、もえぎ色で透明感のある美しい蕎麦になっています。
この蕎麦粉「日本蕎麦保存会17号」と命名しました。

たくさんの方に召し上がっていただき、本来の蕎麦の美味しさとは、どういうものかを知っていただきたいのですが、今年の新蕎麦、収穫量は、まだとても少ないのです。

「日本蕎麦保存会17号」は、ある蕎麦屋さんで、これから継続して提供していただきます。極めて貴重な蕎麦なので、今のところ、味わうことができるのは、この一店に限られます。
お店の名前は『そば処 楓(カエデ)の森』といいます。
蕎麦好きの方には、ぜひ訪ねていただきたいお店です。

以下に『そば処 楓(カエデ)の森』のホームページへのリンクを張っておきます。

なお『そば処 楓(カエデ)の森』は、冬季12月25日から翌年の3月31日まで、冬休みになりますので、今年、味わっていただけるのは、12月24日までです。ご注意ください。

この蕎麦を味わっていただくと、蕎麦というものに対する認識がガラリと変わると思います。
日本蕎麦保存会の活動に、ご期待ください。
詳しくは、以下をクリックしてください。

『そば処 楓(カエデ)の森』のHPにリンクします
(HPの写真の蕎麦は、「日本蕎麦保存会17号」を使って打ちました)
カエテ?ロコ?400枠付き.jpg

紅葉の部屋6656y.jpg

アッフ?8690蕎麦Web2.jpg