HOME蕎麦のソムリエ > そば打ち教室、蕎麦のソムリエ講座、南青山で開催しています

そば打ち教室、蕎麦のソムリエ講座、南青山で開催しています

蕎麦のソムリエ講座、4月の新年度からは、会場を東京・南青山の「ふくい南青山291」に移して開催しています。

この会場なら広いスペースがありますので、これまで以上に、皆さんに楽しんでいただけることと思います。

180417fukui.jpg


「ふくい南青山291」は、いままで何度も、「蕎麦のソムリエ講座」で、大きなイベントを行ってきた会場です。
たとえば、名店中の名店、岐阜県下呂市の「仲佐」さんにお越しいただいて、蕎麦打ちを披露していただいた講座とか、雑誌「サライ」と共同開催で行った「十割蕎麦」の特別講座などなど。
たくさんの感動が、この会場から生み出されてきました。

今回は、皆さんに、南青山で、どんな感動が待っているのでしょうか。
楽しみですね。
それを発表します。

新年度の講座からは、第二部「そばクッキングスクール」で、皆さんに「48種類の蕎麦を打つ」という、夢のような体験をしていただこうと思っています。
片山虎之介が(一社)日本麺類業団体連合会などと一緒に運営している「蕎麦鑑定士」の認定制度では、受講生の皆さんに、「48種類の蕎麦の味を体験」していただいています。これが大好評なのですが、南青山の「蕎麦のソムリエ講座」では、味見だけでなく、実際に皆さんに、ご自分で打っていただこうという趣向です。すごいですね(笑)。

この体験ができるのは、第二部「そばクッキングスクール」を受講される方だけなので、蕎麦のソムリエの認定を受けた方のみが対象ということになります。
と言いながら、認定作業が遅れていて、申し訳ありません。
早急に、認定作業を行いたいと思いますので、皆さん、食味体験レポートのご提出をお願いしますね。

南青山で、皆さんにお会いするのが、とてもとても楽しみです。

                           片山虎之介


minami3-400px.jpg


「ふくい南青山291」のホームページにリンクします
https://fukui.291ma.jp


「ふくい南青山291」の地図にリンクします


そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...