トップページ福井蕎麦「一本棒・丸延し」の蕎麦打ち技術の認定会を、福井市で開催しました。日本蕎麦伝統技能保持者、福井認定会

「一本棒・丸延し」の蕎麦打ち技術の認定会を、福井市で開催しました。日本蕎麦伝統技能保持者、福井認定会

 日本蕎麦伝統の打ち方「一本棒・丸延し」による蕎麦打ち技能を認定する「日本蕎麦伝統技能保持者」の、福井における第一回認定会を、2016年11月19日に開催しました。地元福井の蕎麦打ち伝承者をはじめ、関東からも一本棒・丸延しの達人が集い、「美味しい蕎麦」を目指して蕎麦を打ちました。
 この認定会は、長野県の飯田市、戸隠でも開催してきましたが、福井でも、たくさんの方の熱意に迎えられ、第一回を開催することができました。お力添えいただいた皆さん、ありがとうございました。この日をスタートラインに、福井の蕎麦の美味しさが、ますます際立っていくことを確信しています。

 福井には、福井在来の味を引き出す、優れた蕎麦の打ち方があります。
 これは江戸時代から伝わる、福井蕎麦ならではの技術です。越前おろし蕎麦をはじめとする福井蕎麦のおいしさは、この打ち方をすることで、最大限に引き出されます。
 「在来種そば王国・福井」の、極上の在来種の風味を、蕎麦切りに仕上げたいなら、福井伝統の一本棒、丸延しで打ってください。

 次年度も引き続き、信州・戸隠、および福井市で開催を予定しています。美味しい蕎麦を打つ技術を習得なさりたい方は、『蕎麦Web』にお申し込みください。
 詳しくは、お申し込みいただいた方に、メールでお知らせします。


                  主催/蕎麦Web
                  共催/福井そばルネッサンス推進実行委員会


福井認定会の会場は福井県産業会館。毎年「ふくい新そばまつり」が開催される建物です。
fukui1642y.jpg

参加者の中には、24メッシュの超粗挽きの蕎麦粉で挑戦した達人もいました。
1645t400.jpg


170518伝統.jpg

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...