在来種の蕎麦が、おいしい理由

その土地で昔から栽培され続けてきた蕎麦を、在来種の蕎麦と呼びます。
福井県が、在来種の蕎麦の産地としては代表的な地域で、大野在来、丸岡在来、あわら在来などがあります。また、福島県には会津在来、長野県では奈川在来がよく知られています。

4889_01s.jpg 在来種の蕎麦が、おいしい理由/福井の「あわら在来」「丸岡在来」を例にとって

8DD882.jpgおいしい蕎麦を堪能した8人の蕎麦好きたちは、「こそば亭」をあとに、一路、奥信濃に向かいます。ここにもすばらしくおいしいものの数々が...!

043441.jpgいつもいつも、あたたかい応援メール、ありがとうございます。読者推薦の蕎麦屋さんや、『蕎麦Web』をご覧いただいたご感想などを紹介します。皆さんの応援が何よりの力です。今回も、ご感想をお寄せください。お待ちしています。

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...