HOMEMagazine2011年蕎麦Web博覧会パビリオン > こそば村からの手紙

ほんとうに美味しい蕎麦って、こういう味なんです。
宅配便で取り寄せて、感動を味わってください。

 妙高山麓にある、地元の小さな蕎麦屋『こそば亭』が、日本中から注目を集めています。
 この土地にしかない、貴重な蕎麦「こそば」の美味しさに、皆さん、驚いているのです。

 「こそば」は、妙高山麓の深い谷間に、奇跡的に残っていた、昔ながらのソバです。品種改良された現代のソバより、ずっと粒が小さいことから、地元では「こそば」と呼ばれてきました。
 粒が小さいということは、味、香りが濃厚だということ。蕎麦本来の美味しさを備えた「こそば」を、ぜひ味わってください。
 『こそば亭』の「こそば」は、「週刊文春」が「取り寄せ蕎麦日本一」に選んだ蕎麦です。
kosobamura.jpg

 手打ちした生蕎麦を、宅配便で取り寄せて召し上がってください。
 その美味しさに、きっと感動されることでしょう。
 
『こそば亭』のホームページにリンクします
http://kosobatei.com/


kosobamura2.jpg

そばログ

Topics

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。 著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。 「そば打ち一代」は、『蕎亭...