HOMEニュース > 浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

浅草の蕎亭大黒屋見聞録「そば打ち一代」が好評発売中です。著者は上野敏彦さん

東京・浅草の『蕎亭 大黒屋』の歴史と蕎麦について綴ったノンフィクション、「そば打ち一代」が平凡社から発売されていますが、蕎麦好きなら、一度は読んでいただきたい本として、おすすめします。
著者は、上野敏彦さん。共同通信の編集委員であり、論説委員をなさっています(出版時点)。

「そば打ち一代」は、『蕎亭 大黒屋』(きょうてい だいこくや)の主人、菅野成雄(すがの しげお)さんと、奥さんの雅江(まさえ)さんが、蕎麦に関わって生きる人生を浮き彫りにした本です。
『蕎亭 大黒屋』の蕎麦を食べると、日本蕎麦のすばらしさが、味覚という肉体感覚として認識できます。
理屈抜きで、おいしい。
その背景には、どのような志と努力があるのか、ぜひ、ご一読ください。


「そば打ち一代」浅草・蕎亭大黒屋見聞録 / 上野敏彦 著 (平凡社 刊)
大黒屋_edited-1.jpg


そばログ

Topics

サライ、12月号(11月9日発売)は、手打ち蕎麦の大特集。創刊30周年記念号です

大人の情報誌「サライ」(小学館)の12月号が、11月9日に発売になりました。 この号は、サライが創刊してから30周年となる記念特大号です。 巻頭特集は「蕎麦は手打ちに極まる」。 片山虎之介が書いています。 「手打ち蕎麦」という言葉には、とても深い意味が隠されていることを、ご存じでしょうか。 この特集...