HOME講座の実績 > 蕎麦のソムリエになれる蕎麦ツアー

蕎麦のソムリエになれる蕎麦ツアー

蕎麦ツアー

蕎麦のソムリエになれる蕎麦ツアー
『蕎麦の聖地を訪ね「幻の蕎麦」を味わう旅』
戸隠〜妙高〜奈川/5月25〜26日/1泊2日

☆たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
 北海道、秋田、山形からもお申し込みをいただき、おかげさまで満席になりました。
 お申し込みを、お受けできなかった方、申し訳ございません。
 次の『蕎麦のソムリエ講座』は、7月27日(土)、東京会場を予定しています。
 今回、ご参加いただけなかった方に、次回は、お会いできることを、楽しみにしています。

『蕎麦Web』編集長/片山虎之介

【楽しい旅のお誘いです】

杉並木

信州・戸隠の名前は、蕎麦のおいしいところとして、皆さん、良くご存知ですよね。
一年で最も気持ちの良い季節に、この戸隠を訪ね、おいしい蕎麦を味わいましょうという旅の提案です。
しかも、このツアー、行って帰れば、しっかり蕎麦通になれて、「蕎麦のソムリエ」の初級に認定されるという特典付きなのです。旅を楽しみながら、蕎麦に詳しくなりましょう。

さらに楽しみなのが、このツアーでは、「幻の蕎麦」として知られる「こそば」や「奈川在来」を味わうことができるのですが、もう一種類、「幻の中の幻の蕎麦」と呼ばれる、ある特別な蕎麦を味わっていただくチャンスがあるのです。その名前を聞けば、蕎麦に詳しい方なら、「えっ! そんな蕎麦が、本当にあるの?」と、目を丸くすること間違いなしの希少な蕎麦なのです。
単に珍しいということではなく、この蕎麦は、おいしいから、貴重なのです。

もったいぶるようですが、それが何かは、この旅のミステリーのひとつ。当日、目的地で、お知らせします。
どうぞ楽しみになさってください。
ツアーには、どなたでも、お申し込みいただけます。

【三カ所の蕎麦処を巡り、三種類の幻の蕎麦を味わっていただきます】

ぼっちもり

どのようなコースで回るかを、ご説明しましょう。

東京からのコースを例にとると、朝、バスで東京を出発。関越自動車道を通って信州に向かいます。
戸隠に到着したら、まずは片山虎之介による「蕎麦のソムリエ」講座・初級編を、受講していただきます。
蕎麦とは何か。なぜ、おいしいのか。おいしい蕎麦は、どうしたらできるのか、など、蕎麦の基礎知識を、楽しく、わかりやすく解説します。

それから、いよいよ、「幻の中の幻の蕎麦」の登場です。

この蕎麦についての説明をお聞きいただいてから、皆さんにそれを召し上がっていただくのです。
「蕎麦とはこういうもの」と思っていた認識が、もしかしたら、ガラガラと音をたてて崩れるような感動に出会うかもしれません。

食後は、ミズバショウが咲き誇る戸隠高原を散策。切り立った巨大な屏風のような姿で知られる戸隠山深くに抱かれた、戸隠神社・奥社に、参拝していただきます。
気持ちのいい森林浴をご堪能ください。

温泉

それから、バスで新潟県の妙高に移動します。
ここは希少な「こそば」の産地。妙高山麓のひなびた宿に投宿して、野趣あふれる山の温泉を楽しんでから、もうひとつの幻の蕎麦「こそば」を味わっていただきます。

夜は、蕎麦好きの皆さんばかりの席で、楽しい蕎麦談義に花を咲かせてください。趣味を同じくする人たちとの、いくつもの出会いが生まれることでしょう。

投じ蕎麦

翌日は、妙高から、上高地に近い松本市・奈川地区に移動。ここもまた、蕎麦通には、その名を知られた蕎麦の産地です。
昼食に、信州蕎麦の中でも、ひときわ人気の高い「とうじ蕎麦」を、奈川の蕎麦打ち名人が経営する「グリンデル」で、こころゆくまで堪能していただきます。

そして、奈川地区の蕎麦の状況をご覧いただき、松本経由で東京に戻ります。
一生忘れることのできない、楽しい蕎麦体験が、できることでしょう。
ご案内は二日間、片山虎之介がご一緒させていただきます。