HOMETopics > 蕎麦のソムリエ 銀座校が、まもなくオープン

蕎麦のソムリエ 銀座校が、まもなくオープン

7052-2.jpg

 日本蕎麦保存会では、蕎麦のソムリエ講座の教室として、2015年から3年間、東京・銀座の「銀座NAGANO」を会場に講座を行ってきました。その間、たくさんの方々にご参加いただき、そばの素晴らしさを知っていただくことができました。

 その後、会場を南青山の「ふくい南青山291」に移し、講座を続けています。南青山校は、より広いスペースを使うことができて、ゆっくり練習ができると、受講生の皆さんには、ご好評をいただいています。

 南青山校は、火曜日に講座を開催するのですが、「平日は会社が休めない。日曜日に講座をやってもらえると、参加できるので、なんとか日曜日に!」という声が、多く届いています。
 もともと、蕎麦のソムリエ講座を火曜日の開催にしたのは、プロの蕎麦屋さんに参加していただきたいからなのです。

 火曜日の開催は、南青山で行うからいいのですが、たしかに日曜日、必要ですよね。
 蕎麦を愛する皆さんが、より参加しやすくなるように、日曜開催、やりましょう。
 ということで、銀座校を、また、復活させることにしました。

 場所は、以前、会場にしていた「銀座NAGANO」の通りから、道路を一本、皇居側へ移ったところです。
 地下鉄銀座駅のB3出口から徒歩2分という、便利な場所。
 ACギャラリーの看板が下がったビルの6階が、新・蕎麦のソムリエ講座の銀座校になります。

 ぜひ、遊びにきてください。

 詳細は、以下のアイコンをクリックして、「日本蕎麦保存会jp」で、ご覧ください。

nihon-sobajp-4.jpg


そばログ

Topics

サライ、12月号(11月9日発売)は、手打ち蕎麦の大特集。創刊30周年記念号です

大人の情報誌「サライ」(小学館)の12月号が、11月9日に発売になりました。 この号は、サライが創刊してから30周年となる記念特大号です。 巻頭特集は「蕎麦は手打ちに極まる」。 片山虎之介が書いています。 「手打ち蕎麦」という言葉には、とても深い意味が隠されていることを、ご存じでしょうか。 この特集...