HOMEMagazine2011年蕎麦Web博覧会パビリオン > そば うどん

sobaudon.jpg

『そば うどん』(柴田書店刊)は、蕎麦屋さんの愛読書。この本を、すり切れるまで読んで蕎麦屋さんになったという人が、たくさんいます 。

●『そば うどん』(柴田書店)は、『蕎麦Web博覧会』をバックアップしています。

『そば うどん』の第一号が発行されたのは、昭和50年。以後、36年間にわたり、日本の蕎麦、うどんの世界を牽引してきた雑誌です。

この本を舞台に、蕎麦史研究家として知られた新島繁さんも、様々な仕事を展開しました。幾多の名著が『そば うどん』から生み出されました。次号第41号は、10月中旬に発売の予定です。

(ここから出版社のホームページにリンクします)
発行 柴田書店 「そば うどん」


sobaudon2.jpg

そばログ

Topics

サライ、12月号(11月9日発売)は、手打ち蕎麦の大特集。創刊30周年記念号です

大人の情報誌「サライ」(小学館)の12月号が、11月9日に発売になりました。 この号は、サライが創刊してから30周年となる記念特大号です。 巻頭特集は「蕎麦は手打ちに極まる」。 片山虎之介が書いています。 「手打ち蕎麦」という言葉には、とても深い意味が隠されていることを、ご存じでしょうか。 この特集...