HOMEMagazine会津の蕎麦は救われた > 世界に誇れる会津の「さらしな蕎麦」

_DSC2142.jpg

_DSC1674.jpg

世界に誇れる会津の「さらしな蕎麦」

 会津の蕎麦が、どんなにすばらしいものであるのかを、ご説明しましょう。
 蕎麦は昔から、基本的に庶民の食べ物とされてきました。
 それが会津には、極めて高級な、御馳走としての蕎麦の食文化が、伝統としてあるのです。会津は、ソバの実の中心部分だけを取り分けた蕎麦粉で打った、いわゆる「さらしな蕎麦」の文化なのです。
 さらしな蕎麦が郷土蕎麦なんていう土地は、日本中、いえ世界中探しても、ほかにありません。
 そういう土地柄だから、会津で蕎麦打ちをする人たちは皆、さらしな蕎麦を当たり前のように打てるのです。
 ほかの土地の郷土蕎麦とは、まったく次元の異なる蕎麦の世界が、ここにはあるのです。

 冬に行われた「会津・山都 寒晒しそば祭り」には、極上のさらしな蕎麦と、「さらしなのあらびき10割蕎麦」とも言える、すばらしい蕎麦が供されました。このおいしさには、食べたすべての人が感動しました。
 二日にわたる蕎麦祭りの期間中、予想していた入場者の倍以上の人が来場し、用意していた蕎麦が足りなくなるほどの盛況ぶりだったのです。
 みんな、同じ思いだったのでしょう。
 会津の蕎麦が、どんなに貴重なものであるのかが、やっと、本当の意味で理解できたのです。
 会津では、年に何回も蕎麦祭りをします。
 そこは、蕎麦の晴れ舞台です。普段は食べられないような、最高の蕎麦が供されるのです。
 祭りの日を逃さないように、ぜひ、会津を訪ねてください。
 ここに掲載した写真は、会津のすばらしい蕎麦屋さんたちです。
 みんな笑顔で、迎えてくれます。
 会津で会いましょう! 待っています。

_DSC1696.jpg _DSC1720.jpg _DSC1730.jpg _DSC1731.jpg
_DSC1734.jpg _DSC1737.jpg _DSC1746.jpg _DSC1804.jpg
_DSC1875.jpg _DSC2344.jpg _DSC12361.jpg _DSC2401.jpg
そばログ

Topics

ふくいそば打ち講座12月2、3日、今年も南青山で開催。十割そばを打ちます

毎年恒例の「ふくいそば打ち講座」を東京・南青山で、今年も開催します。 12月2日(土)、3日(日)に、福井在来の新そばを打っていただきます。 基本コースは、福井伝統の「一本棒・丸延し」の打ち方。十割そばを打ちます。 名人がていねいに指導しますので、初めての方も、安心してお申し込みください。 主催は。...